日本語教員になってからも自己研鑽目的の勉強は続く

日本語教員として活躍している人は、忙しさを理由に勉強を怠ることはありません。僅かな時間でも勉強に充てようとしている理由は、どんな言語であっても日々変わっていくからです。かつては間違いとして定着していた言い回しが広く使われるようになっているなど、現代人の会話を注意深く聞いていれば新たな発見があります。独自に情報収集を重ねて、得た情報を日本語教員同士で確認し合いながら授業で伝えるべきか否かを決めます。最先端の言葉の使い方ですから、大々的には公開されていないことが多いです。そのため、地道な作業になることは想像に難くありません。時間をかけて調査するよりも、日本語教員が多用するテキストに沿って授業していれば良いという意見もあります。しかし、それだけでは本当の意味で使える日本語は定着しません。教える側が努力してこそ、生徒の将来に役立つ授業内容になります。

日本語教員というのはスキルが必要

日本人ならば、日本語を話すことができるのは当たり前です。しかし、日本語教員となりますとさすがにできる人は少ないです。体系的に日本語を教える必要があります。接続詞はともかくとして、述語の細かいディスクリプションが出来る必要もありますから、知識、スキルが必要になります。純粋に日本語が話せる、というだけでは出来ない仕事になります。ちなみに資格があるわけではないです。国家資格があるわけではないので、名乗ることはできます。民間資格もありますし、国が一応はそれを指定してカリキュラムを作ったりしていますが、なくても問題ないです。問題はないですがあったほうがよいに決まっています。資格がなくても雇ってくれるところはありますが、資格があってこその仕事でもありますから、まずはそれを目指すことです。それと英語なども出来た方が良いです。

日本語教員の能力というのは

日本語教員というのは、能力がはっきりとしています。つまりは、日本語を外国人に教える能力になります。ですから、意外なほど出来る人が多いです。ちなみに英語も出来た方がよいですが、それはそこまで必須ではないです。また、資格が民間の物ではありますが存在していますから、それを取得することがお勧めできます。そうすれば、採用される可能性がとても高くなります。そもそもどんなところに需要があるのか、といいますとそれはなんといっても外国です。日本語スクールなどにあります。国内では、在日外国人に対してのサービスとしてあります。但し、それはそこまで需要があるわけではなく、あくまで日本語教員というのは、外国でのサービスになることが多いです。そして、能力の割にはそこまでの給料ではないので注意した方が良いです。それでも遣り甲斐はあります。