日本語教員というのはどんな職業か

日本語教員というのは、職業として日本語を教える人です。これは当然ですが、日本人向けのサービスではないです。あくまで日本語を母国語としない人々に教えることになります。つまりは、通訳的な能力もかなり必要になります。中には、外国語が話せなくても日本語の教育能力があればよい、というところもありますが、基本的には英語或いは当地で話されている言語はできるほうが安心できます。日本国内でも需要があります。体系的に日本語を教える事ができる能力というのは、意外と貴重です。ですから、国内でも仕事はないわけではないですが、日本語教員の本領は外国にあります。外国で働くことができるからこそ、やっている、という人もいます。そこでキャリアを積み、様々なところに転職する人もいますし、ずっと日本語を教える仕事を続ける人もいます。意外とキャリアは多様です。

日本語教員として求められるスキルとは

日本語教員というのは、日本語が出来ればできるわけではないです。求められるスキルとして、外国語があります。要するに外国で働く可能性が高いですから、そこの言葉が使える必要があります。中にはそれが必要ないところもありますが、基本的にはあったほうがよいスキルになります。日本語教員ですが、実は資格が民間の物しかないです。つまりは、能力があれば誰でも名乗ることができる職業であるわけです。但し、採用してもらうことができるのかどうかはまた別問題になりますが、基本的には名乗るのは自由です。日本国内での需要があまりないので、普通は外国で教えます。その為の職業といっても過言ではないです。特段、決まっているわけではないですが、さすがにアジア圏での需要が高目です。ですから、英語が出来ることが意外と求められることになります。

日本語教員というのは資格がないです

日本語教員とは国家資格があるわけではないです。あくまで民間資格があるだけですが、それでも価値ある資格になっています。募集にはそれがあって初めて応募できる、というところもあります。それが日本語教育能力検定試験になります。意外と難関資格でもあります。日本語ができるのだから、合格できるだろう、という意識では絶対に受からないです。それだけは覚悟しておくべきです。日本語を教える教員がどこに需要があるのか、といいますと外国です。外国の日本語を母国語にしていない人達に対しての教育になります。ビジネスマンであることもありますし、子供であることもあります。ちなみにその国の言葉が話せることが大前提になります。意外と高いスキルが求められることになりますから、キャリアとしも実はかなりよいことがあります。そこからスキルアップしていくとよいです。