日本語教員の需要についてのこと

日本語教員というのは、結構な需要があります。ここで勘違いしてはいけないのが、日本語ができるからといって、日本語の教員の能力があるのか、というとそんなことはないです。キチンと体系的に日本語を学んでいることが必須になります。イントネーションの問題もありますし、意外と日常的に使っている日本語であろうと人に教えようとしますと難しいです。では、日本語教員の為の資格があるのか、というと民間ではありますが、存在しています。それが日本語教育能力検定試験であり、意外と難関資格になっていますから、覚悟しておくべきです。しかし、際立った才能がないとできない、というわけではないので目指すことは十分に可能になります。お金はかかりますが、講座もありますから、それで講習をまずは受けることです。そうすればほぼ取得できます。

日本語教員の奥深さについて

日本語を教える、というのは日本人でも難しいです。文法をなどを意識的に理解している人が殆どいないからです。使えることと教えることには大きな隔たりがあると考えてよいです。しかし、別に日本語教員になる資格が国家資格としてあるわけではないです。一応は文化庁が指標を出しています。教員養成のための教育をする時間として420時間以上であり、これが最低限の勉強時間であるとされています。民間の資格はいくつかありますが、これが指標になっています。民間の資格では、日本語教育能力検定、全養協日本語教師検定というのがあります。但し、これらがあれば日本語教員を公的に名乗ることができる、というわけではないです。民間資格の一つであり、公的な効力があるわけではないのでそれは注意することです。それでも採用されるときの一つの条件になっていることはあります。

日本語教員は前提としては

まず、前提として日本語教員は資格がなくてもやれます。国家資格がないですから、名乗ることは勝手にできるようになっています。しかし、一応は国の基準があります。420時間以上のカリキュラムと考査、という基準が作られています。それに基いて作られているのが、日本語教育能力検定と全養協日本語教師検定になります。どちらも民間の資格ですから、公的な効力がまったくないですが、それでも能力を示す為の一つの方法ではあります。それに結構な時間の勉強が必要になりますから、覚悟が必要ですし、基本的にはそれが理解されていますから、需要はあります。ちなみに教育機関が独自に日本語教師という資格を作っている場合もあります。こちらも別に国家資格ではないですし、むしろ、協会がやっているわけではないので認知度も低いです。採用される時には普通の検定のほうが優遇されます。